×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カロリー計算とダイエット

日頃私達が口にしている「食べ物」には、それぞれカロリーと言う数値で測ることができます。
その数値であるカロリーはラテン語「Calor」が語源となっていて、意味は「熱」です。
カラダを動かす為には、必要な熱量があります。
その絶対に必要な熱量を超えたものは体内に蓄えられるのです。
蓄えられた熱量も度が超えると脂肪になってしまいます。
その脂肪はまさに肥満の原因になります。
せっかくの努力も、このように自分自身を責めてしまったら、何のためのダイエットなのか意味が分りません。
自分の最低限必要なカロリーの計算をしっかりとしながらダイエットを実行すれば、健康的なプロポーションを手に入れることができます。
カロリーの計算なんて、一体どのようにすればよいのでしょうか。
難しく考える必要はありません。大体でいいのです。
食事の度に、時間とカロリーをメモしておくのです。
そうすると、ご自身の「食生活」がみえてくるはずです。
一日3食お肉だったら?それは、太るに決まっていますし、身体にも良くありません。
カロリー計算を毎日すれば、自分の食生活にいつも気をつけることができます。
そんな身近なところからダイエットははじまるのです。
甘いものが食べたい。食べて平気なのです。
夕食のご飯を減らせば、同じ事です。ただ、やみ雲に減らしてはいけません。
ダイエットの基本はまず、自分の一日の活動に必要なカロリー(熱量)を知ることです。
自分のカロリー摂取量をきちっと把握していれば、決して体重が増えることは無いのです。

カロリー計算 ダイエット

食事のカロリーをコントロールすることで,ダイエットをしようとするときには,ダイエット中の食事のレシピのカロリー計算をすることが大変重要となってきます。
ダイエット中の摂取カロリーが,ダイエット中の消費カロリーより多い場合には,体重は増え,またダイエット中の摂取カロリーが消費カロリーより少ない場合には,体重は減ります。
ダイエット中の食事を考える時には,ダイエット中の食事の量を減らすことよりも,摂取するカロリーの量をきちんと計算して,低カロリーの食事をすることが,ダイエットの成功のカギとなります。
では,ダイエットの時には,一日どれくらいのカロリーを摂取すれば良いのでしょうか。
ダイエット中の1日の必要摂取カロリーの目標は,大体1600キロカロリー程度です。
肥満度が激しい人であれば,最終的にダイエット中は1300キロカロリーまで落とすことも必要かもしれません。
しかし,ダイエットを始めるにあたって,突然カロリーを急激に落としてしまうことは,大きなストレスとなってしまいます。
大きなストレスを感じない為には,ダイエットを始める時に,少しずつカロリーを減らしていくようにしましょう。

ダイエットとカロリーコントロール

ダイエットには実は運動もサプリメントも必要のない,「ダイエットカロリーコントロール」という方法があるのです。
これはその名の通り,カロリーの摂取方法を考えて変えることによってダイエットを成功させる方法です。
しかし間違ったカロリーコントロールのダイエットはかえって危険です。
ダイエットをする為にはカロリーの摂取量を,消費する量より減らさないといけません。
しかし,カロリーを減らすのは良いけれど,必要な栄養素まで知らず知らずのうちに減らしてしまうことが多いのです。
一時流行ったリンゴダイエットやたまごダイエットなどの単品の食品のみでのダイエット方法もこれに当たり,必要な栄養素を摂取することのできない危険なダイエット方法だといえます。
ダイエットをする際には,自分に合った目標体重を設定することが大事です。
BMIという体格指数によって導き出された標準体重を参考にすると良いでしょう。
BMIとは,体重(kg)を身長(m)で2回割った数値になります。BMI=22の体重がダイエットの目標体重の目安です。
標準体重の計算は,身長(m)×身長(m)×22となりますのでダイエットをしようとしている人は参考にしてください。
また,カロリーコントロールのダイエットには,パンよりご飯を食べるのが良いでしょう。

Copyright © 2007 カロリー計算とダイエット